SNSで増える人間関係の概念

| コメント(0)


名前を何となく知っているだけとか、毎日顔を合わせて見聞きはしているけど、その正体を認識したことはないとか、どういう人かは良く知っているけど、名前とかどこに住んでいるかは知らないとか。ゲームならばパラメータは知っているけど出身地を知らないキャラとかと同じで、人物を構成する多様な要素の情報のうち、特定部分しか知らないってのはよくある...というか恐らくは自分の脳内にある「知っている人リスト」のうちほとんどの人は、情報として知らない要素が多分にある、パラメータがマスク化されているってのばかりだと思う。

SNSという意志伝達手段が使えるようになると、これまでとは違った様式で他人との情報交換、接触ができるようになる。当然やりとりの中で知りえる情報も変わってくる。昔から同人誌など同好の士の集まりなどではハンドルネームや趣味上のやり取りの上では特性をよく知っているけど、相手の本名も本住所も何をしているかも分からず、何かトラブルが生じた時に連絡先が分からないという笑い話的なものがあったけど、それが日常茶飯事化しうるわけだ。本名だろうとハンドルネームだろうと、相手を認識する符丁に過ぎないとする割り切り方でやりとりしていると、その世界の外でのあれこれが必要になった時に、符丁が役に立たなくなる、とか。

こういう関係を多々認識していくと、既存の対人関係ってのも結構特異なものだなと思えてくる。そういや会社の同僚って、よほど中が良くない限り、趣味とかどこ住みとか家族構成とか出身地はどことか、あまり知らないよなあ、とか。

色々考えると、興味深い話には違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年9月16日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「韓国の超高齢化」です。

次の記事は「翻訳機能の性能が上がると」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31