まんが4コマぱれっと 2019年11月号読了

| コメント(0)
↑ まんが4コマぱれっと 2019年11月号
↑ まんが4コマぱれっと 2019年11月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。表紙は「となりの布里さんがとにかくコワい。」。絵柄はいかにも4コマ漫画風ではあるけど、表紙にも結構マッチしてるな、これ。

■となりの布里さんがとにかくコワい。......巻頭カラーで新キャラ登場。「新伽羅」はないと思うぞ。テコ入れ的な意味合いがあるのかもしれないけど、正直どうなんだろう。主人公の見た目が不良っぽいけど不良じゃないってのが作品のポイントなのに。
■未確認で進行形...風邪が長引いてまだ実家、って実家での大気が随分と続いているけど、これって何か伏線があるっぽいな。
■氷室の天地......決勝戦。「西遊記」での想像がヤバすぎる件について。それにしても未来予知能力的なものは理解されると非常に強い、のだが、今回は果たして。
■隣人を妹せよ!......スカイフィッシュ味はマジで実現しそう。ここまで運がいいと色々と後で反動が来そうな気がするお話。

前号に続き他誌からの出張掲載が増えているのが目立つ。「スターマイン」も終わってしまったし、ぱれっと自身の主戦力が細ろえているのだろうな。一応次号から3号連続しての新連載が展開されるとのことだけと、随分とツイッターに力入れてるな、これ。

「オーダーメイド」「やさしい教師」「サキュバスさん」はお休み。「氷室行進曲 冬木GameOver」は隔月掲載のためお休みって、前回号・前々回号も休みだったじゃん(笑)。

次号は「すのはら荘」が表紙&巻頭カラー。

閑話休題。「白の魔法の売り子さん」で感じたのだけど、ワイド化するとページあたりのコマ数が減るので、話の流れを盛り込むために吹き出しとアイコンのかけあわせで無理やり読ませるという手口を使わざるを得ず、何のためのワイド化なんだろうと思ったりする。やはり弊害の方が大きいよな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年9月21日 12:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「別の視点から見た日本国債の保有者比率(2019年Q2まで)」です。

次の記事は「置きもののねこチャン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31