ハーゲンダッツの新作はクリーミーバニラプディング

| コメント(0)
ハーゲンダッツ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、社長:栗原信裕)は、ハーゲンダッツミニカップ『クリーミーバニラプディング』を10月8日(火)より期間限定にて全国で新発売します。


こだわりのミルクに卵をたっぷりと使用したコクのあるカスタードアイスクリームと、華やかなバニラの香りが楽しめるとろりとしたミルクソースを合わせ、ミルク風味のカスタードプディングをイメージしました。


自分の好きなものだからってのもあるのだけど、定期的に新作をもりもりと展開する食品系企業のものとしては、松屋とハーゲンダッツのに目が留まってしまう。毎月複数の新作をよく考えて展開できるよなあ、という感心もある。まぁ、マクドナルドとかもそうなんだけど。

今回のハゲダの新作ミニカップは、カスタードプリンを想起させるアイスクリーム。そもそもカスタードアイスクリームを使うって時点で販促技で、更にミルクソースを合わせるとか、もう想像ができないぐらいの旨味であることに違いは無い。バケツ一杯ぐらい食べてお腹壊したい(ダメだろそれは)。

この類のって大抵が期間限定で、一度食べて「これは美味い」と実感できても、すぐに販売終了してしまうのが大変残念。通販か何かでもいいので、通年販売してほしいものではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月17日 06:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「松屋の新作はうまトマハンバーグ」です。

次の記事は「インフルエンサーマーケティングなるもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31