早くも安納芋の季節なのか

| コメント(0)
おしるこパウチ製品のラインナップを拡充しました。焼いもペーストをベースに、小豆の粒をトッピングしたおしるこです。鹿児島県産安納芋のコクのある甘みと風味をお楽しみいただけます。温めても、冷やして食べても、美味しくいただけます。様々なシーンでご利用できる、新しいおしるこです。

安納芋といえばサツマイモの中でも独特の甘みを持つ、まさにスイーツ的なものではあるのだけど、旬は秋のはず。先のコンビニでの中華まんやおでんの話ではないけど、時代の先取り感が段々強まっているよな、と思わざるを得ない新商品に違いなく。

今件はパウチ方式のお汁粉で、ベースが安納芋のペーストという非常に贅沢な一品...っていうか一応トッピングに小豆を使っているけど、これってお汁粉というのかしら。ぱっと見はなんだかなめこ入りのみそ汁のようにも見えるのだけど。

森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・太田 栄二郎)は、収穫の秋に合わせて、8月20日(火)より全国で安納芋と和栗を使った商品を新発売いたします。お馴染みの「和栗ケーキ」「エンゼルパイ<和栗>」に加えて、今年は新たに「小枝<安納芋>」「ミニエンゼルパイ<安納芋のスイートポテト>」「安納芋キャラメル」の3品のラインアップを加えた5つの商品を期間限定で発売いたします。

こちらは安納芋と和栗を使ったスイーツ群。個人的に「小枝<安納芋>」「ミニエンゼルパイ<安納芋のスイートポテト>」が高ポイント。小枝はチョコと安納芋のそれぞれの甘みがどのように融合する形となるのか、ミニエンゼルパイはあのふわふわ感で安納芋の甘さを思う存分堪能できるとなると、考えるだけで旨味が口の中に広がってきてしまいそう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月15日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新潟上越で40度に」です。

次の記事は「埼玉の県知事選挙がスゴイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31