景気ウォッチャー調査のコメントから新聞業界の実情をかいまみる

| コメント(0)


先日発表された最新の景気ウォッチャー調査の結果。10連休が逆に足を引っ張った業界の話とか、米中貿易摩擦の激化が製造業を中心に影を落としているとか(だから独裁国家にべったりするのは問題があるというかハイリスクだっての、随分と前から警告されていたのに)色々と興味深い動きが見受けられたけど。コメントを精査している中で今回月においては、新聞広告にかかわる言及がいつもより多い気がした。

そこで新聞の広告にかかわる文言を抽出してみたのが上記のツイート。細かく探せばもう少しあるかもしれないけど。

無論全部が全部ってわけでは無いのだけど、新聞社の中の人達の話として、新聞広告の影響力が無い、効果が期待できない、周囲が敬遠し始めているという具体的な実情が語られていて、非常に興味深い。また、広告の出稿主の立場からも折込広告の効果がダメっぽいって話が出てたりする。昔と違って今ではという意味なのか、出稿した商品そのものの業界の落ち込みのせいなのか、今回の分だけでは判断が難しいけれど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年6月11日 07:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「諸国の米中好き嫌い」です。

次の記事は「たけのこの里のティラミス味が登場する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30