電子レンジが壊れたので緊急差し替え

| コメント(0)


先日いつものように夕食のおかずを電子レンジで温めて取り出してみたら、どうも違和感。殆ど火が通っていない。タイマーのセットを間違えたかなともう一度加熱してみたのだけど、状況は変わらず。そういや稼働時に音のリズムがちょっと変、というかいつも聞こえている音調の変化が無かったよな......ということで何度かトライしたけど、結局加熱することは無かったので、作動はするけど温め機能が滅んだと判断。

まぁ、この類の機器は耐久消費財というか消耗品的なところがあるので、仕方がないよなとあきらめる。普通ならここで大慌てするのだけど、仕事で調達した電子レンジを「まだ普段使いのがあるから封印」ってことで押し入れにぶち込んでいたのがあったので、それとすぐに切り替えができることもあり、それほど慌てずには済んだ。

新しい電子レンジは加熱と解凍のみ。オーブン機能などは無し。新型っぽく物理的に内部のモノが回転することもなく、なんだか違和感もあったり。でもしばらく使っていくうちに慣れてしまうのだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年5月21日 06:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「記憶力に過度な期待をしてはいけない」です。

次の記事は「ニュースアカウント @140gnews をちょっと稼働させてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30