深井智朗氏『ヴァイマールの聖なる政治的精神』が絶版に

| コメント(0)


先日の処分公開以前に色々と問題が指摘されていたことから出品停止とはしていたけど、今回正式に、著者に連絡(・確認)の上で該当書を絶版にしたとのお話。処分としては当然と言えば当然なのだけど、ね。中がフェイクだらけで、それをマジモノだということで展開しているのだから。元からそういうフェイクネタの本だというのならまだしも。...とかいうと、エセ科学・エセ医学系の本はどうなっちゃうんだろうな、とふと思ったけど、それはまた別の問題なのでさておくとして。


Keepaで動向を確認すると、確かにアマゾンでも昨年の11月の時点で本家からの販売は終了。あとはマケプレでの販売のみとなっているけど、値段がエライことになっている。昨日今日の絶版話で、また値が吊り上がるのだろうな。Keepaが無料利用者に対する在庫数の開示を止めちゃったので、具体的にどれだけ数が動いているかは分からないけど。

そういやすでにメルカリで出品されているという話も聞く。恐らくはその著書自身を読みたいというよりは、安値で売って高値で売りぬきたいという転売目的の人達の間による、駆け引きアイテムみたいなものとなっているのだろうなあ、という気がする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年5月14日 07:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「携帯電話料金の明確化。「ここまで安くなりうる」ではなく「まずはこの価格から」が知りたい」です。

次の記事は「モバイルファーストとライブドアブログの功罪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31