缶タイプの麦茶の素があるらしい

| コメント(0)


これから常駐飲料は冷たいものになるけどコーヒーとか紅茶とかだとカフェインの採りすぎとかが気になるし、ジュースの類は糖分がアレでナニだからってことだし、のど越しがステキナイスだから麦茶とかがいいよね、という選択結果となる人も多いはず。当方は同じくお茶でノンカフェインの別のお茶を飲んでいるけど。

で、その麦茶の缶タイプが登場......ではなく、これは麦茶の素とのこと。濃縮された麦茶が缶におさめられていて、飲む時に必要量の水と混ぜて冷やせばOK。いや、最初からこの缶自身を冷やしておいて、冷水を用意して混ぜればいいのか。指摘されている通り、ペットボトルの買い置きは場所を取るのでこれは便利かも。まぁ、紙パックでまとめ買いして水出しすればいいのだけど、そういうのは面倒くさいって人もいるだろう。濃度を容易に調整できるのもポイントは高いかな。


で、調べてみたらアマゾンですでにまとめ買いが出来る。こういう選択肢があるのなら、選んでもいいよね、という人もいるだろうな。ちなみにこの缶自身の賞味期限は2年なので、夏2回分は持つことになる。結構ありがたいお話。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年5月 3日 06:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新元号への思いとガラパゴスと「メディアと文化人」と」です。

次の記事は「根回しという言葉のイメージは悪いけど大切なことだよね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30