一休さんの水あめは一休さんのものじゃない

| コメント(0)


結局のところ「一休さんのとんち話で有名なあの水あめ」という読み方をすればいいのだけど、何の説明も無いと「一休さんの所有物である水あめ」と解釈ができてしまうから、違うそれは一休さんのものじゃなくて和尚さんのものだろうというツッコミをしてしまいかねない。ニホンゴムズカシー。

まぁ、シンプルで分かり易くはあるし、デザインも分かり易すぎる...ってこれ、ネタとかコラじゃないのか。


実在した。このデザインだとなんか色々と不安になる感もある。正規の商品じゃなくて何か同人的なアイテムじゃないのかな、とかね。まぁ、目を引き付けるという観点では間違いなく正解に違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月 1日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新年度の新社会人や新学生への注意事項」です。

次の記事は「人が話している時には耳を傾ける能力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31