古い音楽CDが山ほど出てきた件

| コメント(0)


サルベージ大作戦は相変わらず継続中で、ドラえもんのツールのような「ぶち込めば勝手に査定して買い取ってくれる箱」的なものが欲しいよなあ、という感はある。先日出てきたのは音楽CDがまとめてぶち込まれている段ボール箱。しめて2箱半ぐらい......っていってもそのうちの半箱部分は、以前シングルCDを整理した時に、買取ができないようなもの、手元に残しておくと決めたものをとりあえず置いておいたものだけど。

シュリンクがかかっているもの、いないものも合わせ、色々とシールが貼ってあったりするので、それをどうやって剥がすのかなという頭を悩ませる事案はあるのだけど、手元に残しておくもの以外のものでも結構希少価値というか歴史的に有意義なものが多いので、しかるべき人の手に渡るように、慎重に対応していきたいところ。ゲーム系の音楽CDが多いんだよね。


シール云々はどうにかなるかもしれないけど、この油汚れについてはどうしようもない。これは経年劣化の傾向の一つで、プラ製のものならば素直にクリーニング液でこすれば落ちるのだけど、紙の上だとそうもいかないのだよね。下手をすると印刷部分まで落ちてしまう。

まぁ、色々と試行錯誤をしていくしかないのかな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月16日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「邪魔者扱いされるようになる固定電話」です。

次の記事は「成績優秀な個人オーナーのコンビニのすぐそばに直営店が乱立する話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30