インターネットを使わない米国人の属性内情

| コメント(0)


先日Pre Researchから発表された小論文的な報告書。米国でインターネットを使っていない人の割合を属性別で示したもの。18歳以上では全体で11%、男女、人種別では意外にも事実上違いは無し。

年齢階層別ではきれいに高齢層ほど高比率。65歳以上では34%に達している。世帯年収別では低年収ほど高比率。3万ドル未満では19%。そして低学歴、地方居住者ほど高比率。属性そのものの相互関係があるから、個々の属性が直接インターネットを使わない傾向に影響するとは言いきれないのだけど、色々と納得させられるものがある結果となっている。

ただこの値、使いたくても使えないのか、使いたくないから使っていないのかまでは分からない。前者の場合は公的な助力が必要だろうけど、後者の場合は本人の意思によるものだから強要は出来ないのだよねえ。難しい話ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年1月29日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「崎陽軒のシウマイ弁当クッションは実在する」です。

次の記事は「ノックすると透明になる冷蔵庫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31