卒論とパソコンでデータを扱う時の注意事項

| コメント(0)


毎年この時期になるとマーフィーの法則の話が出てきたりするのも併せ、せっかく構築していた卒論がパソコンのトラブルですっ飛んだという話が出てきたりする。最近はタブレットやらスマホで作り上げている人もいるのだろうけど、基本は同じ。デジタル機器でデータを扱って処理をしている以上、このような方法論は最低限必要というお話。

③のクラウド/サーバー上にってのは個人ではちょっと難しいかなという場合もあるかもしれないけど、だったら代わりに外付けのHDDを用意して別のところに保存すればよい。

上書きをして更新する必要がある作業ファイルはそのままにせず、日付をつけた別名ファイルにしてバックアップを取っておく。パソコンは無事でもファイルが壊れるなんていうトラブルが起きる場合もあるからね。自動バックアップ機能があるツールならいいのだけど。

プリンタに関しては、あまり使うことは無いかもしれないけど、1台あると色々と使い勝手が良いので、この際調達しておくのも手かもしれない。コンビニを使えばいい? この時期、同じようなことを考えている人が近所にどれほどいるかお分かりだろうか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年12月 7日 06:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「平成の 終わりに起きた トラブルで 公衆電話 再度活躍」です。

次の記事は「本日18時からアマゾンでサイバーマンデー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31