今度のハッピーセットはプラレールとリカちゃん

| コメント(0)
ハッピーセット「プラレール」は、第1弾と第2弾に分かれて、8種のおもちゃとひみつのおもちゃ1種で、全9種が揃います。第1弾では、黄色のボディが特長の新幹線「923形ドクターイエローT5編成」や、今年の5月に臨時列車「SL北びわこ号」の牽引を引退したC56形蒸気機関車160号機をモチーフにした「C56 160号機SL北びわこ号」などの車両が登場します。第2弾では、和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」とJR西日本がコラボレーションした『パンダくろしお「Smileアドベンチャートレイン」』や、赤く鋭い先端部が特長の「E6系新幹線こまち」など、個性豊かな車両が揃います。全てのおもちゃには、車内が光る、車窓の絵が切り替わるなどの仕掛けが付いているほか、車両前部には連結器が付いているので、どのおもちゃ同士でもつなげて遊ぶことができます。

もはや年一ぐらいのペースで定番となったハッピーセットのプラレールとリカちゃん。プラレールはコンプリしたい衝動はすでに湧き起らないけど、造形の良さは相変わらず超一級だし、リカちゃんは可動部分が無いのが残念って意見もあるけどおまけ玩具としては素晴らしいレベルの出来栄えに違いない。


で、最近のハッピーセットではこのタイプの選択様式が増えてきた。まぁ、人気があるラインアップの場合、長期間展開させたいという思惑もあるのだろう。種類コンプリをしたい場合には第一弾と第二弾で集中して調達すれば、比較的だぶりを少なくすることができる。そこで集めそこなっても第三弾で望みをつなぐこともできる...まぁ、確率論的には随分と大変になるけど。


プラレールもリカちゃんも大変出来栄えはよろしい感じ。子供向けの玩具としては注力し過ぎでしょ、という感すら覚える。11/16以降にマクド近辺に寄る用事があったら、一つぐらいは調達してもいいかなあ、という気もするけど...掃除中にまたストックを増やすような行動は慎むべきかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年11月10日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「VR1970年代オフィスとかあったら面白そう」です。

次の記事は「2018年12月以降に販売終了する紙巻きたばこについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30