ガソリンが値上がりでどこでなら安く買えるのかという話があるけど

| コメント(0)
経済産業省は2018年10月24日、国内のガソリンスタンドなどを対象にした調査で、レギュラーガソリンの平均価格が1リッター160円台に達しました。

なんか冒頭の文章が日本語として間違ってないかというツッコミはさておき。中東情勢などを受けて原油価格が値上がりしており、それに併せる形でガソリン価格も上昇中。まぁ、値上がりしているとはいえ、以前と比べればまだまだこんなもんかな、という程度ではあるんだけど。そして値上がりする時だけ大騒ぎして、値下がりする時にはちょろりと伝えてオシマイでは、値上がりに対して敏感にもなるわな、と。

で、記事では都道府県別にガソリン価格の安い高いを語っているのだけど......よく考えてみると、どれほど意味があるのか。震災後の「そもそもガソリン売ってないよ」という話ならともかく。

卵のパックを買うのに隣町まで電車賃を使って買いに行くのが、どれだけ愚かな話か。それと似たような感じではある。リッター当たり1円2円の違いを得るために、ガソリンを使って買いに行くってのはちょっとアレがナニ。もちろん遠出をすることになり、その過程でどの場所で給油すればいいのかな、と考える必要がある時には良い話には違いないけど(輸送トラックの運転手さんとかね)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月29日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「安価で市場を荒らす筋、仕方が無いのかも」です。

次の記事は「ウルティマオンラインとかアシェロンズコールとか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31