マウス型のスキャナとはいかに

| コメント(0)


パソコンやモニタ、キーボードを置いている机の上に、必ずと言ってよいほど常駐しているのがマウス。入力インターフェイスとしては必要不可欠の存在で、多用するために消耗品とすら言われており、自分の操作感にマッチしたものを見つけたら複数買いして絶版に備えているって人も少なくないはず。

そのマウスの形をしたスキャナがあるというから驚き。何かのコラとかフェイク画像じゃないよね、という感覚。

普段はマウスとしても使えるということでダイナミック便利。でも本とかのスキャニングには使いづらいし、そもそもマウスが消耗品だから普段からマウスとして使っているとすぐに消耗してしまう。実は便利なようでそうではない、のかも。


価格はアマゾンで5000~6000円。うーん、今はスキャナってもう数千円上乗せすればすこぶる良いものが買えるから、費用対効果の観点では実のところ難しい。普段どのような場面でスキャナを使っているのか、それ次第では有益なアイテムには違いないのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月12日 06:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「機動力は立派な性能の一要素で、時として最重要なものとなる」です。

次の記事は「消費税の長所と短所」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31