プラレールの蒸気機関車で急速冷却をする方法

| コメント(0)


第一印象は超頭いいな。ビール会社のオマケとか玩具メーカーで似たようなコンセプトの、飲料を急速に冷却するマシンが出ているけれど、それを常備している人ばかりってわけでも無いし、手元の道具で何とかしちゃおうというDIY精神には鼻血が出るほど賛美をしたい。

これ、蒸気機関車以外でも行けるかも...と思ったのだけど、石炭車部分が機関車本体の支えとして使われているので、それはちょっと難しいかもしれない。電動部分にもう一両加えればという気もするけど、それだとちょいと長すぎる。

同じコンセプトの商品をアマゾンで探したのだけど、どうも商品というよりは景品のリサイクル品的なものが市場に多数流れているようで、壊れていたりとか毛が入っていたというコメントも少なからず見受けられたので、具体的な事例はあげない。また、手回し式充電のラジオ同様、ノブ部分が壊れたという話もちらほら。まぁ、ここら辺を考えると、やはり手持ちの素材で楽しんだ方がいいのかなあ、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月16日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「電子書籍をテレビで読むというスタイル」です。

次の記事は「交通事故を目撃したらとにかく救急通報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30