「台風被害が大変なものとなったら、それはトランプ大統領のせいだ」

| コメント(0)


米大統領選挙からの米国メディアの半狂乱ぶりというか、狂信者的な動きというのは何度と無く伝えているけど、収まるどころか加熱している感すらあるのが正直なところ。新聞を読むとスットコになるというのは、米国だけの話じゃないような、機関紙化しているよね、どこの国でもというのはさておき。

フェイクかもしれないなあ、この類のは。さすがにあのワシントン・ポストがここまで......ああ、でも先日の真珠湾攻撃の話もあったし。


ということで調べてみたら実在した(ここにこうやって記事にしているってことは、裏付けを取った上でってことなので、実在しなきゃそもそも書いてないのだけどね)。ざっと訳したら「でかい台風が来るのは地球温暖化のせい。トランプ大統領はそれを促進しかねない、メタンガス規制などについて、オバマ前大統領の対策を止めた。だからトランプ大統領の共謀」的なお話。なにこれ電波。

専属記者の声的な場所「オピニオン」のコーナーの記事だから、ワシントンポスト自身は責任持たないよ、的な方針で、やらせたい放題なのだろうけど。どこかで聞いたような手法。社説とかでもそうだよね。だから機関紙化しているという表現は、決して間違ってはいない。

しかしここまで劣化してしまうとはなあ......いや、元々この程度のレベルで、これまでは検証できなかっただけの話なのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月14日 07:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「パーフェクトを目指すか、あらかじめリスクを考慮しておくか」です。

次の記事は「コミック誌などの雑誌を引き取って・買い取ってもらうには、という悩み中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30