今年末の年賀葉書は色々と

| コメント(0)


先日本家サイトで取り急ぎ更新した、年賀葉書の仕様に関するお話。今回はくじの賞金が10万円から30万円に大幅アップして当選確率は変わらないとか、切手シートの当選確率が1.5倍に跳ね上がっているとか色々話題に上るようなネタがあるのだけど、ほとんど報じられていないのが不思議ではある。あと、実は東京オリンピック関連の寄附金があるハガキは、なぜか10月から発売される。早いよ、スレッガーさん。

まぁ、当初発行枚数ですら前年比でマイナス7.2%という、結構大きな減退ぶりで、それでもなお押し紙的な話が多分に聞かれるので、実需要はもっと少ない状態なのだろうなあ、という実感がある。

生存証明という観点では悪くは無いとは思うのだけどね。利用ツールがインターネットにシフトしているのだから仕方が無いといえばそれまでの話。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月 1日 06:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「イジメとその対処法と」です。

次の記事は「「はい、そうです」と答えてしまいそうな、なぜか呼ばれたような商品が」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30