都内での宅配車両の路上駐車を限定許可という話が

| コメント(0)
宅配車両の集配作業中の駐車が、東京都内100カ所以上で可能になる。


宅配車両の駐車が解禁されるのは、23区内を中心とした都内100カ所以上の路上。警視庁によると、2019年7月ごろまでをめどに、集配作業中に限り、路上駐車が順次可能になるということで、現在、JR新橋駅近くなどで試行されている。


路上駐車の取り締まりが厳しくなったので、宅配業者各社は自転車とリアカーを組み合わせた特殊な車両を作り、それを使って荷物の配送をする機会が増えている。仕方が無いといえばそれまでなんだけど、その車両での事故の話も聞くし、夏場とか風の強い日では、随分とハードだし可哀想ではあるなあ、という感はあった。

で、諸般事情を考慮し、都内の複数の場所で宅配車両に限り駐車禁止の制限を解くということになるらしい。警視庁の公開資料の類では現時点でその話は無く、まだ内部的なものかなあということで公的資料の開示待ちではあるのだけど。

映像を見ると交通標識には「貨物集配中の貨物車に限る」とある。クロネコとか佐川だけじゃなくて、日本郵便もOKになるのだろう。他に、集配作業中の貨物車であれば業者のでなくても良くなるのかな。やはり具体的な公的資料の内容を確認したい話ではある。

悪用する筋が必ず出てくるだろうから、それの対策をどのように行っているのか、それも気になるところなんだよね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年8月21日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「米国ティーネージャーのソーシャルメディア利用実情」です。

次の記事は「米国民主党支持者の過半数が「社会主義ってイイネ!」と考えている」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31