災害で保険状況の把握ができなくなった時に

| コメント(0)


生命保険や損害保険などに加入していた場合、定められた事案が発生すれば、相応の保険金を受け取ることができるのだけど、その実情を記録した書類が該当事案で見つからなくなったり、管理していた人との間で連絡が取れなくなるってケースは多々ある。保険業者との間で密接な関係を結んでいれば、その担当がかけつけて対応してくれる場合もあるだろうけど、世の中そんなに上手く行くことはない。

で、そのような場合は業界団体のサポート的な立場にある組織が、無料で相談にのってくれる......というか調べてくれるというお話。これ、あまり知られていないけど、知っておくと何かと役に立つ。今ここで電話番号を覚えおく必要は無く、そういう仕組みがあるってことを知っておくだけで良い。


今件のサポートはあくまでも天災によって災害救助法が適用された地域に限定される。何らかの事件や事故、災害救助法が適用されない天災によるものでは利用できないってのが残念ではある。業界団体で縦横的なデータの保有をして、すぐに紹介できるような仕組みが作れれば、そういう特殊条件によらなくても契約の精査は可能だと思うのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年8月 2日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「この7月は異常気象でしたと気象庁も認定」です。

次の記事は「好きな漫画雑誌が無い、という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31