ネット上での実名暴露は真名を知られるに等しい

| コメント(0)


先日起きたネット界隈の事件に絡んでの話。あの事件はネット上の人物とリアルの人物の結びつきが見えたのが原因の一つではあったのだけど、確かに指摘されている通り、本名や住所を知られてしまうってのは、聖杯戦争で大きなアドバンテージを取られたことに等しい。

聖杯戦争でなくとも、昔から魔法のある世界のお話とか、呪術関連の世界では、本当の名前を知られるとそれを用いて色々と制限を受けたり呪いをかけられたりするもの。それだけ、リスクが高いお話には違いない。


そういう意味ではホント、ユーチューバーの人達は肝が据わっているし、色々とリスクを抱えているのだろうし(実際そのリスクが体現化している人も見受けられる)、その観点ではバーチャルユーチューバーは革命的な手法に違いない。

また、昔の同人誌などでは書き手の住所や電話番号が書かれていたってのも、今から考えればちょいと怖いお話。まぁ当時はその情報を活かす手立てを一般の人は持っていなかったからってのもあるんだけどね。

そして同時に、今の報道における「実名報道」がいかに鋭い武器となり、対象を傷つけ得るものであるのかを、改めて認識する次第ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年6月26日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「インターネットメディアの評価や報酬がページビューという指標に縛られている件について」です。

次の記事は「「買い物難民」の増加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31