ブラのサイズあれこれとトリンプの資料

| コメント(0)


元々は下着メーカーのトリンプが出したプレスリリース的な「下着白書」の記事に関するツッコミ的なお話。記事そのものが1年前のだったので、最新のリリースが無いかなあということで探したら、リリースは無かったけど関連記事というか最新データがあったので、ということ。

今件、あくまでもトリンプというメーカーにおける購入性向であり、下着市場全体を意味するものでは無いので、ある程度の偏り...どちらかというと高級志向的なバイアスがかかっているってことを知っておく必要がある。もう少し庶民的なものというとワコールが「ブラパン!みんなの下着白書」ってのを出しているのだけど、経年リリースではないっぽいし、調査期間も限られている。

で、このトリンプの話では、Bカップが最多回答層で、C、D、Aが続く。年齢階層別は...というと、20代後半が一番大きめで、それ以降は少しずつサイズが縮退していくという感じ。もう少し細かいデータがあれば、加重平均を出せるのだけど。


で、こちらが実際にトリンプで売れたブラのサイズの経年推移。見事な形でサイズの大型化が見受けられる。もう少し細かい、省略されている部分の経年データも欲しいところ。

これだけなら単純に、サイズの大型化と読めてしまうのだけど、このタイプのデータでありがちな、年齢階層比率の変化に伴うバランスがどうなってるのかという問題がある。年齢階層別の動向が欲しいところだな、と。また、ブラのサイズそのものに関しても、より適正なサイズをつけるように色々と工夫されて、本当は同じサイズなのだけど段々と大きめの(正しい)サイズをつけるようになっているかもしれない。まぁ、色々と考えさせられる値ではある。

大元の「トリンプ下着白書」なるもの。実のところ、ウェブ上ではいくら探しても、基の素材が見つからない。記事で引用されているグラフそのものが同じなので、恐らくはデジタルデータの形でプレスリリースとして存在してて、プレスのみに限定配信されたのだろうな、と思ったりする。「プレス限定」のプレスリリースも某ポータルでは取得できるので、ちょっと注意を払ってみようかな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年5月10日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「マックシェイク 森永ミルクキャラメル」が復活販売」です。

次の記事は「環境の変化と追いつく努力と「便利すぎて消耗」と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31