国税庁のサイトリニューアルとその不具合打開ツールと

| コメント(0)
国税庁のWebサイトが3月31日にリニューアルされ、ほぼすべてのURLが変わった。旧URLのページはすべてトップページにリダイレクトされ、サイト内検索でも旧URLのページがヒットするため、「トップページの無限ループ」「目的のページにたどり着けない」と利用者が困惑している。こんな状況を受け、エンジニアの「ぽち@pchw」さんが4月3日、国税庁サイトの旧URLを新URLに変換するサービス「国税庁URL変換器」を個人で開発・公開した。ブックマークや検索エンジンなどから旧URLをコピーし、フォームにペーストしてチェックボタンを押すだけで、同じ内容を収めた新URLのリンクを表示する。

年度替わりで当方の巡回サイトでもいくつかがページデザインを変更したりまったく別構成のサイトになっていたりもしたけれど、その中でも一番話題に上っているのが国税庁のサイト。先の総務相統計局のサイトリニューアルでも、いかにも意識だけ高い系のデザインっぽさが見えていたけど、それをはるかに超えるお莫迦さんぶりでふいた。

しかもその問題に関して「二週間もすれば検索エンジンがインデックスするからそれまで待って」という、お前は何をいってるんだ的なお話。「URL更新のリクエストを出している」とはいうけれど、検索エンジンが全ページをインデックスするとは限らない。また、インデックスされたページが適切に検索結果に出て来るとも限らない。第一、旧ページとの連動性は検索エンジンでは分からない。

確かに検索エンジンに全投げで検索機能を実装させれば、それが構築上は一番楽。ただ、官公庁のサイトの場合は、そういう曖昧さでいいのかというと訳が違う。特に金銭周りとか法律関係では、そういう雑な作り方をしちゃいけない。内部DBで検索機能作るの面倒くさいしーコストかかるしー、検索エンジンにぶん投げた方がすぐに作れるしー、何かあっても検索エンジンのせいにできるしー、的な思惑があったのかなぁ、という推論すら出来てしまう。

まぁ、旧ページのリダイレクト処理をしていないのも併せ、国税庁側のリクエストだったのか、制作業務を受け持った側のコスト削減・技術の問題だったのか。知る由も無いけれど。あまり良い話とは言い難い。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月 4日 06:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「厚労省が無料で提供している、在宅ワーカーのためのノウハウ書」です。

次の記事は「どれだけ親切にしても分からない人がいる、見聞きしても理解できない人がいる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30