ローソンの新作メニューは粒ぞろいと潔さ

| コメント(0)


今年のイースターは4月1日ということで、そろそろ色々なアイテムが出てくる今日この頃。ローソンでもイースター向けのメニューが続々と登場。別にイースターだから云々ってわけじゃなく、それにかこつけて美味しそうな食品が登場するのはよいことには違いない。

プリン系は2種類登場するけど、個人的に目をつけたのはこれ。ムースを使ったふわふわな食感が楽しめそう......だけどこの類のスイーツって、よほど味わって食べないと、すぐになくなっちゃうんだよね。複数買いが必要かな。


かりかりとした食感のあるクイニーアマンはローソンのドーナツ系アイテムではなかなかの出来栄え。それにカスタードクリーム入りとか、誰がそんな鬼のようなのを考えたんだよ、この罪人めというツッコミをしたくなる。これもヤバいよなあ。絶対、1つじゃ足りないよ。


クイニーアマンと形は似ているけど、大判焼みたいなお好み焼き。縁日で見かけたような造形だけど、これって個人的にはドーナツみたいな形で通年販売してもいいんじゃないかな、と思う。というか日本人向けにはドーナツよりも大判焼とかこのようなお好み焼きをホットスナックとして売った方が人気はでると思う。夏でも食べたいし、そのまま食べてもおかずにしてもいい。


ある意味イチバンの注目、そして潔さを感じたのがこの鶏から弁当。掲載されている写真は省略図では無いから、このままの販売のはず。もしかしたら唐揚げの下にスパが敷いてあるかもしれないけど、よく見てもそんな気配は無い。左にご飯、右に唐揚げ。それだけ。なんというシンプルさ。

恐らくはサラダや小鉢系の総菜を一緒に買ってねという思惑で、単体買いは想定していないのだろうけど、これはある意味斬新ではある。逆に気に入った。よく考えてみれば、例えば牛丼の場合、ご飯と牛炒め的な具材だけだから、それと同じようなものだよね。

唐揚げ好きにはシンプルイズベストって感じの一品に違いない。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月17日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「大卒内定率は過去最高の91%に」です。

次の記事は「海外のトイザらスとウィンドウショッピングと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31