一人暮らしの食生活事情、揚げ物編

| コメント(0)


先日から「まだ牛丼で消耗してるの?」的な正月漫才のような本心からの煽りのような、よく分からない話が出回っている。まぁ、自炊がありや無しやってのはケースバイケースで、選択肢を用意しておいて、人それぞれの環境に併せて一番良いものを選べばいいわけで。完全な自炊をするとなると、手間もかかるし調整も難儀するし、コストパフォーマンスも実はあまりよくないからねえ、特に一人で消費する場合は(平均世帯構成人数が減っていることにより、コンビニやデパートの総菜が売れるようになり、エンゲル係数が上昇しているってのともつながりがある話。経済は社会実情と密接な関係があるのだ)。

で、カレーやシチューのようなルー物はご飯にパンにめん類にと色々と応用が利くのでさほど残ることはないにしても、揚げ物に関しては作り置きはまず無理だし、一人分を美味しく作るのも難しい。それなりの油の料が必要になるし、調理器具も結構なものが必要になる。元を取ろうとすると大量の揚げ物ができて、食べ切れなくなる。


当方も一時期は料理に凝って、揚げ物を色々と作った時期もあったのだけどね。内臓疾患で入院を経て、油ものを自前で作って食べるのに恐怖を覚えるようになってしまったし、そもそも少量...自分がこれでいいやと思える一食分を確保するのなら、総菜コーナーでの調達が一番コスパがよいってのが分かってしまったので、この類の調理器具にもあまり興味がわかなくなってしまった。いや、材料費のみで考えれば確かに安いのかもしれないけど、周辺調度品とか調味料とかのコストもあるし、使い切れずに廃棄せざるを得ない材料分とか、美味しさとか、そして何よりも時間のことを考えたら、やはり合理的ではあるのだよね、総菜購入って、さ。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月 4日 07:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「仕事を続けていくための3つの指針」です。

次の記事は「「まだ牛丼屋で消耗してるの?」というけど、牛丼屋は消耗するどころかステキな場所だ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30