「エビデンス?ねーよそんなもん」では分かりにくい実情

| コメント(0)


昨年末に大いに話題となり、遅ればせながらの2017年流行語大賞受賞確実となったバズワード、朝日新聞の某記者にかかわる記事発信の「エビデンス?ねーよそんなもん」。当人はもちろん、所属する新聞の実情を明確に表した言葉ではあるのだけど、同時に「エビデンスって何だろう」的なイメージで、そこで止まってしまう人もいるのは否めない。エビデンス? 例の日経新聞での三国志の広告でも載っていた気がするけど、エビのダンス? ぐらいな印象。

で、エビデンスってのは「evidence」のことで、日本語としては「証拠・根拠、証言、形跡」という意味。まぁ、遠山の金さんが桜吹雪を見せて「自分がその場にいた証人だ」とアピールするようなもの。「このエビデンスが目に入らぬか」的な......ってやはりしまらないな、これは。

となれば指摘されている通り、「根拠が無い」「証拠が無い」という方が分かりやすい。しかも間違っていない。ワードとしてのインパクトは無いけれど、文全体としての重要性はダイレクトに伝わってくる。証拠が無いのに人を責で追及する。戦前の特高警察のようなものだ。あるいはポルポトとか。


最初の「エビデンス?ねーよそんなもん」なら「証拠?ねーよそんなもん」となる。「エビデンスが無い」を先の遠山の金さんで例えるなら、桜吹雪の無い上半身を見せて「俺はその現場には居なかったし証拠は無いけどお前らがやった」とドヤ顔するようなもの。そりゃ単なる露出狂の変な人だ。

まぁ、エビデンスってのも一度覚えてしまえばそれでOKなんだけど、不特定多数の人に認識させるのには、「エビデンス?ねーよそんなもん」と語られた言葉そのものを伝えるよりは、曰く「「証拠?ねーよそんなもん」と言ってるのと同じ」とした方がよいのだろうな、と。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月 2日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「人名や地名など、元々漢字や平仮名表記のものをあえてカタカナで書き記す場合は意図を考えるべし」です。

次の記事は「「新型栄養失調」という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31