メールソフトのEdMaxの開発とサポートが終了

| コメント(0)
(有)エドコムは4日、老舗メールソフト「EdMax」をはじめとする全製品の開発とサポートを終了したことを明らかにした。シェアウェア製品は今後も試用版として無償利用できるが、新規ライセンスの購入と登録は行えなくなるという。

最近ではソーシャルメディアとチャットソフトで意思疎通は十分という人もいるけど、ビジネス・プライベート共にまだまだメールは必要不可欠な状態なのが現状。スパムが多くてげんなりするのは否めないけど。で、そのメールの送受信を行うメーラー、メールソフトの一つとして、老舗だけどシンプルで使いやすいことで評判のあったEdMaxが、この度開発とサポートを終了したという...

...って、ぅぇぇぇ?!というのが第一印象。何しろ当方のメインとなるメールソフトもまさにこれで、自宅では前端末から現端末への移行の際に、ホルダーごとまとめてコピーしてもそのまますんなりと動いたという、極めてフレキシブルな構造に驚いたぐらいの代物。

それにして「シェアウェア版はv3.07(2006年10月リリース)から試用期間なし、機能制限なしで継続利用できるようになっており、起動時に"EdMax On Trial"画面が表示される点を除けば、ライセンスなしでもとくに不都合なく利用できる」ってのは知らなかった。

実のところ指摘の通り、他にもメーラーは色々とあるのだけど、使い勝手が今二つだったり柔軟性に欠けていたりトラブルが絶えなかったりと、EdMaxの使い心地の良さに慣れてしまうと、他へのシフトは難しい感じなんだよね。

まぁ、今のうちに最新版を落としておいて(といっても10年ほど前のだけど)、何かあっても対応できるようにはしておこうかな、と。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年1月 7日 06:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ダイソーのおもしろけしごむ「銃」確保」です。

次の記事は「バーチャルユーチューバーで教育番組、でもそれってすでに...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31