Windows 10 Creators Updateが突然やってきた

| コメント(0)


先日作業中に突然ポップアップされたこの画面。ブラウジング中ならまだしも(一応オフにするための機能は色々と働かせているけど)、文字の入力中に生じたからさあ大変。もしかしてウィルスに感染していた?と思ってよく見ると、Windowsのアップデートらしい......けど、こんな感じで出てくるのは初めて。ということで、ざっと調べて怪しいものではないことを確認した上で「再通知」。

さらによく調べたところ、半年ぐらい前からあちこちで見受けられるWindows 10 Creators Updateの準備ができたとのこと。話によると下手すりゃ2時間ぐらいアップデート作業があってその間は端末が使えなくなるということなので、お部屋の掃除とか買物とか色々と他の作業を実施。1時間ぐらい経って戻ってみたら、再起動済み画面になっていた。

まぁ、その後「さあ始めましょう」的な画面が出て数分間待たされ、ようやく元に戻ったわけだけど。


背景色がリセットされていたとか、画面下部のメニューにいらんコマンドが追加されているとか、いくつか気になるところはあったけど、現状ではとりあえずまともに動いている。IMEの切り替えの際に画面中央に大きな文字が出る現象があり、こはなんぞと驚いたけど、これも「見やすくするための配慮」ということで勝手に加わった機能らしい。かえって焦るので調べてオフにした次第。

「便利になると思ったから追加しておいたのねん」って、まさにキングボンビー的な感じがする、IT系サービスではありがちなこの類の勝手追加って、どうにかならないのかなあ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月 3日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「予言をする未来人はどこから来たのだろう」です。

次の記事は「漫画の新しい起用スタイル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31