noteでの売れる商品と同人誌、情報商材と

| コメント(0)


今件は統計を取っているわけではなくて、またデータが公式に発表されているのでもないので、あくまでも実経験的なお話としてのなるほど感。

文字単価で考えるとそんな高値で売れるのかと驚くという話だけど、5000文字というと原稿用紙で12.5枚。当方の本家サイトならちょいと長めの記事1本文ぐらい。それが500円とか1000円で売れるという。ショートショート1本文ぐらいかな。感覚的には500円玉1枚か2枚を差し出して、ちょいとお得なお話とかすき間時間つぶしをしたいかな、というところなのだろうか。あるいは駅売店とかコンビニで見かける、人気作品の安手の紙を使った圧縮版みたいな。


で、これが「同人誌」と同じという指摘はなるほど感。ただ、どちらかというとお得情報とかノウハウ系が強いという話もあり、これはYouTubeのワンポイントアドバイス的な動画に方向性は近いのかなあという感もある。

このコンセプトって一歩道を外れると、いわゆるインチキな情報商材となる。他愛もない情報をさも大事そうに見せかけて、ノウハウ集的な感じで数万円で叩きうる。原価はゼロに等しいのがほとんどだから、そりゃあいくらでも繰り返しアピールをしてくるわな、的な。要はスパムメールと同じ。

発想は似たようなものでも、方向性を誤ると悪の道にひた走ることもあれば、多くの人に賛美されることもある。まぁ、インチキ情報商材は当たれば大儲けできるから、それこそ金山掘りのように魅力的なものに見えるのも間違いではないのだけどね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年12月 8日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾンで返品を使った詐欺商法が、との話」です。

次の記事は「今日からいよいよアマゾンのサイバーマンデーが始まるのだけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31