自分で手に取ると身近に思える

| コメント(0)


この話は一次ソースというかアップル社のマニュアルの接客マニュアルの類としては見つからず、色々とたどると海外の記事、Forbesの解説辺りに行き着いた次第。まぁ、実際そうだよねというのもいくつかあるし、内部規約的なものとして存在するのだろう。2015年までは70度だったのが、76度に変更されたってのもある。

恐らくは色々と社内で実証実験をしたりA/Bテストを繰り返し、常に最適化を模索し、その一つが70度であり76度への変更だったのだろうな、と(身近な例ではアマゾンの価格表示をはじめとした各種表示の文字の大きさや色合い。こまめに変更して反応を見ている)。

で、角度の微妙な違いはともかく、角度をつけてディスプレイを見難くすることで、来店者が手にとっていじってみたくなるように誘導しているってのにはなるほど感。電気店などでよく「お手に取ってお確かめください」という案内が流れているけど、そういう話をせず、間接的にそれと同じ効果が得られるようにしているわけだ。そして手に取る、触るってのは親近感、距離の上での身近さを覚えさせるのには違いない。車だって遠くから眺めるよりも近寄ってドアを開けたり、乗ってみた方が、身近な存在に思えてくるよね。

ただこれって、MacBookとかのノートパソコンのような、一部の商品に限られる。すべての商品が同じような角度をつければよいってわけじゃない。それぞれの商品の特性に合わせて、気になる、ちょいと状況を変更させてよりよく見るために触らなければと思わせる方法論を考える必要があるのだろうな。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年11月 4日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「不二製油から株主優待が到着しました(2017年11月)」です。

次の記事は「スマホは身体の一部です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30