ドンキでステキナイスそうなカメラが出るとの話

| コメント(0)
激安の殿堂、ドン・キホーテが、プライベートブランド「ACTIVEGEAR」(アクティブギア)からの新商品「フルHDカメラ」を発売します。


写真の通り、既視感のあるデザイン。そうです、いわゆるアクションカメラです。動画解像度は1080p(1920×1080)の30FPS、フルHD対応で、静止画は1200万画素。microSDカードスロットを備えており、フル充電で約90分の連続録画が可能です。


「アクティブギア」で検索すると自動車の方が上に来ちゃうので、詳細スペックなどは該当機種そのもののプレスリリース【 アクティブギア フルHDカメラ~8月17日(木)より全国のドン・キホーテで順次発売~】を参照の事。ざっと読みした限りでは記事にある通り、Goなんとかというカメラで一世を風靡した、色々な動きを自分目線で撮って楽しめるアクションカメラの廉価版的な感じがする。

スペックもSNSにアップする静止画・動画ならば十分過ぎるほど。さらに付属品が山ほどあって、撮りたいシーンをもりもりサポートという気概が伝わってくる。外持ち用の型落ちデジカメが心霊現象を起こすようになって(触っていないのに突然作動音と共にモニタ画面が表示されるようになった)買い替えが必要かなと思っていた矢先に、この商品が目に留まり、素晴らしい......と思ったのだけど。

電源がリチウムイオン充電式オンリーなんだよね。説明には書いてないけど「本体装着済み」とあるし、内蔵式で交換できない感は強い。と、なると充電池の寿命がカメラの寿命となるわけで......ちょいとこれは当方には向かない。残念。まぁ、実商品を調達した人の感想待ちかな、その辺は。

気になったのは紹介の記事。

気になるお値段は、4,980円(税抜)! 5,000円でお釣りが来ちゃいます。激安の殿堂が本気出してますね。

税込みだと5378円なので、5000円ではおつりが来ないどころか足りないよ、的な。いやぁ、よくあるミスなんだろうけど、ここまで堂々とされるとほほえましさすら覚えるのであった。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月17日 06:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「松屋の新作は「鶏のバター醤油炒め定食」」です。

次の記事は「ホテルの備品を使ったあとの正しい姿勢になるほど感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31