ゲームの歴史の断絶時代、とか

| コメント(0)


物理媒体とかスタンドアローン形式で配信されるエンタメコンテンツは、サービス提供元が滅んでしまったりサービスが終了しても、何らかの形で手元に残る。でも現在主流の「利用者はコンテンツを見る環境を提供されているだけで、コンテンツそのものを受領しているわけではない」スタイルだと、サービスが終了したら実質的には何も残らないので、記録が失われる。サービス提供元が情報を残していればよいけれど、それでもどのような内容だったのかを再現するのは難しいし、ましてや提供元が解散したり、情報を廃棄してしまったら......

という話は以前にもしたし、ゲームなどのエンタメに限らず、多方面で危惧されているお話ではある。実のところ指摘されている、従来型携帯向けのコミックは無くなってしまったわけでは無く、今でも存続しているのだけど、流行の時にどのようなものがあったのかを再現するのは、ちょっと難しくなっているのには違いない。まぁ、初期のケータイコミックは多分に雑誌などのコミックのコンバートをしたものだからまだしも......。


しかも性質上、この類のエンタメコンテンツってのはアーカイブ化は難しい。保全できる形に置換しなきゃいけないから。あるいは提供サービスそのものを丸ごと保全するという手もあるけど、費用は莫大なものになるし、そもそもたいていの場合は運営上赤字が出たから終了したのであり、それを残すのは採算上では無理ってことになる。

一部のゲームで見られたように、仕様をスタンドアローン型に切り替えたモノを作り上げて残すとか、さもなくもプレイ中の動画とか各種資料を保全するぐらいしか方法が無い。ましてやコミックなどについては、記録そのものが色々な観点で難しいから、紙媒体化されていないものはあきらめるしかない。国会図書館に保全ってわけにもいかないし、ねえ。

この辺りの話は定期的に登ってきているので、関連界隈の危機感も大きいのだろうけど、具体的な解決策というのが見いだせないままでいる。何か良い方法はないものかしら。プログラムだけ残しておいても、再生できる環境が無ければ意味はないし。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年8月 3日 07:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スーパーヒーローズ ワンダーウーマン 戦士の戦い(76075)ってトイザらス限定品なのかな」です。

次の記事は「テレビのような受け取るだけで済む情報は時系列的なとらえかたが難しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31