「突然立ち止まりスマホ」がコワイという話に同意

| コメント(0)


「歩きスマホ」はいくら当人が注意していると主張しても注意力がスマホに向けられている分、周囲には払われていないわけで、普通に歩いている時と比べて突拍子な行動を取りやすい、回避行動などが成されにくい状態にある。本人がコケるだけなら自業自得だけど、関係のない第三者が巻き込まれるリスクがあるからたまらない。小さな子供のブラウン運動みたいな高速ぶりは無いけど、怖い状態に違いない。

それと同様、あるいはもっと怖いかもしれいなのが、指摘されている「突然立ち止まりスマホ」。色々なケースがあるのだろうけど、スマホへの注力がなされているために、周辺状況の判断がおろそかになるのだろうな。指摘例はエスカレーターだけど、道端などでも突然止まるってのがある。当方は歩きスマホの類はしていないので、この行動性向を成す人の気持ちが分からない。あるいはあれかな、考え事をしながら歩いていて、突然何かひらめいて立ち止まるって感じなのかな。


あまり人がいないような場での立ち止まりならまだしも、最初の指摘のようなエスカレーターを降りた先での話とか(実は当方も何度かされた経験はある)、雑多な人込みでの中とかだと、非常に困るというかヤバい。高速道で車間距離を開けていても、突然前の車が止まったらやっぱり怖いよね。それと同じ。

まぁ、ケガとか病気で、ちょいと立ち止まらざるを得ないような状況になったのなら仕方がないのだけど......。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年7月22日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「認知症でも運転できる」に違和感」です。

次の記事は「社会保障とお薬と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31