支援物資は日本銀行券のみで...被災地への支援と募金と

| コメント(0)


先の九州地方の豪雨に伴う災害に対し、各方面で手を差し伸べる動きが出ているけど。救援物資は被災側からの要請がない限り、少なくとも個人ベースでは意味がないどころか悪影響すら及ぼすようになっているというのが現状。ぶっちゃけると邪魔になるだけの話。緊急時には必要だろうとの意見も、指摘の通り、緊急時には届かない......というか届けられない。そして届けられるような状況になれば、行政や専門機関の物資が届くようになる。ドラえもんのどこでもドアみたいなものがあれば話は別だけど。

現金ならばその辺りの心配はいらない。中抜きうんぬんという話もあるけど、ならば中抜きリスクが大きそうな、怪しげな団体にではなく、大手コンビニや赤十字経由で寄付すればよいまでの話。何も難しい話ではない。承認欲求を充足させたいのなら、寄付をしているところを自撮りしたり、領収書を発行してもらってそれをアップすればよい。


そうそう、アンテナショップを利用するという手もある。


今回の災害に合わせ、色々と策動している界隈が早くも動き出している。指摘の通り、ロクな話では無いので、無視をして確実なところにリソースを回すのが一番安全で確実で安心で大丈夫でセーフティなのだよね。

とにかく、支援物資は日本銀行券。送り先はメジャーどころ。これが一番確実。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年7月10日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「報道メディアには基本的にモノを貸すべからず」です。

次の記事は「フェイクニュースを挙げる側がフェイクニュース検証を語る状況」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30