任天堂のゲーム機の今後、据置型はSwitchだけど携帯型は......?

| コメント(0)


昨日精査をした【任天堂ゲーム機の販売動向をグラフ化してみる】でちょいと思ったこと。任天堂のゲーム機戦略だけど、現在進行期の販売予定台数は3DSシリーズが600万台、Nintendo Switchが1000万台。Wii Uとかは予定なし。Nintendo Switchは一応据置型ゲーム機に区分分けされているけど、コンセプト的には「携帯もできる据置型」ってところなので、あるいは携帯と据え置きを一体化してライン形成するのかなあという感もある。

携帯ゲーム機は3DSの次の世代機に関して、何の発表もない。一応内部的にはNew 3DS LLがスペックの面でもほぼ次世代機みたいなものなので、そのようにとらえると理解はできる。つまり任天堂としては「New 3DS LLが携帯ゲーム機ラインの新世代機だよ」というもの。


指摘されている通り、今後Nintendo Switchにおいて携帯部分をシフトしたダウングレード版とか、それこそもっと未来志向的な携帯ゲーム機を開発する可能性はあるけど、Nintendo Switchの簡易版はともかく、さらに新しい携帯ゲーム機云々ってのはあまり想像ができない。スマホの立場をひっくり返すのは、現状ではどうやっても無理。

やはりスマホアプリにリソースを転じるのかなあ、という気もする。あるいは発想を変えて、3DSベースのスマホを出すとか、ね。それはもっと無理か。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月14日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「評判の悪い病院」の良し悪し」です。

次の記事は「趣味趣向に時間を使うことが無駄だという考え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31