人探しの情報拡散、ちょっと待って

| コメント(0)


ソーシャルメディアは人と人との意思疎通、情報交換のハードルを低くし、距離と時間の概念をかなりあいまいなものとしてくれるようになった。その点では間違いなく人類史上10本の指に入るぐらいの画期的な発明ではあるのだけど、同時にそれを悪用する輩も増えているのは否めない。

今件の話もその類のもので、指摘されて初めて気が付く人もいるはず。ペットがいなくなった、人を探しているなどの探し物のお話は、それがどれほど親近感のあるもので可愛そうな事例に読めたとしても、条件反射的に広めてはいけない。その話の奥底、向こう側にどのような悪意があるのか分からないからだ。

善意のつもりで成しても、それが悪事の手助けになってしまうこともある。自分が広めることで困っている人が助かるかもしれないという良心でしたことが、逆に人を困らせることにつながるかもしれない。文面だけでは見極めは難しいだろうけど、触らぬ神に祟りなしともいうよね。

そう考えると例えば電柱などで時折貼ってある探し人とかペット探してますの話も、要注意なのかもなと思ってしまうけど。ソーシャルメディアの場合はコストをほとんどかけずに、しかも自分のリスクを最小限に抑えられるってのが悪用される理由なのだろうな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月 6日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「東京都の保育士の待遇の話」です。

次の記事は「子供への対応でその店の良し悪しがわかる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31