YouTubeで視聴回数が1万回に満たないチャネルは広告掲載禁止に

| コメント(0)
米Google傘下のYouTubeは4月6日(現地時間)、「YouTubeパートナープログラム(YPP)」を改定し、視聴回数が1万未満のチャンネルには広告を表示しないようにしたと発表した。


その目的は、YPPに登録するクリエイターの収入を守るためという。視聴回数が1万未満のチャンネルには、広告収入目的でクリエイターの人気動画や著作権を侵害する動画などを投稿するものが多いとしている。この制限を設けることで、YouTubeはチャンネルの妥当性を判断するための十分な情報を得られるようになり、チャンネルがコミュニティガイドラインを順守しているかどうかも確認しやすくなるとしている。


一部でチャネル単位では無く動画単位で1万回未満は広告掲載が出来ないとの表記があり、ずいぶんと大胆な施策をとったもんだなあと思ったのだけど、やはりチャネル単位だったというお話はさておき。要は米大統領選におけるフェイクニュースやら、不法コピー動画とかヘイト系動画の掲載理由が多分に、炎上によるアクセス≒広告収入目的にあるとして、広告主からツッコミが入ったこともあり、その改善策とし提示された次第。

何かあったらすぐに撤収できるように使い捨てのアカウントを作って広告を掲載するような手法はこれで使えなくなるという次第。でも、それだったら条件にもう一つ「制作してから数か月経過しないと広告掲載はできません」とした方がいいんじゃないかな? 身元の確認を受けた認証アカウントはともかくとして。

今件で一定の効果は挙げられるだろうけど、回避方法はいくらでも模索されるだろうし、実質的にはザルのようなもの。YouTube側が本気なら、あるいは本気にならざるを得ない状況の変化があれば、すぐにでも新たな施策が導入されることだろう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年4月 9日 07:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「凍らすとシャーベット的にも楽しめるみかんゼリー登場」です。

次の記事は「検索結果に事実検証の結果を表示するとのことだけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31