2005年の日経新聞とかパソコンのカタログを見つけたよ

| コメント(0)


昨日も時間を見つけて少しずつお部屋のお掃除。昔の「とりあえず取っておこう」としたものをモリモリと必要なもの・必要でないものに選別し、要らないものを廃棄処分にしていく作業。昔の珍しい飲料の瓶やら缶とか、容器に使えるだろうということでまとめて保存しておいた円筒形の入れ物とか、すでに変色してしまった紙袋とか、次々にさようならモード。

で、そのようなお掃除の中で見つけたのが、これらの資料。2005年分の日経新聞で、大学生の就職希望ランキング。今と同じように上位にある会社とか、今とは随分と順位が違うよね的な会社とか、もうすでに別の名前になっちゃってるよねという会社とか。盛者必衰の理を表す、的な。


こちらはパソコン、具体的にはデルコンピューターのカタログ。自宅のパソコンは前代までデルのを継続して使っていたので、定期的にこんな感じでカタログが来ていたのだな。さすがにサポートが急激に悪化したので、今では別のを使っているけど。

で、商品単価としては今とあまり変わらない。むしろちょいとばかり高い気がする。ただ、スペックはやはり今の端末と比べるとけた違いに低い。当然といえば当然なんだけどね。OSがXPだったり、メモリが512MBで標準だったり。

いまさらこのスペックの端末を買う気にはなれないけど、当時としては最強スペックだったに違いない。歴史的資料としては有益なものとなるのだろうな、このチラシも。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年3月19日 07:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「入院が決まったら思い出してほしい「限度額適用認定証」」です。

次の記事は「未来を描くときに必要なもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31