自分のツイートがどのように広まったのか、ある程度把握できるツール「UserLocal」

| コメント(0)

【ユーザーローカル - 無料RT(リツイート)分析ツール】


ブログやウェブサイトはアクセス解析ツールを組み込んでおくことで、どこから閲覧者がやってきたのか、どのような経由で来訪したのかがある程度把握できる。ツイッターも公式サービス内の解析を用いることで、似たような状況把握は可能。他方、ツイッターの場合はリツイートなどでツイートした本人が思いもよらぬ人たちに伝わったり、ツイートした直後では無くて数時間、さらには数日、時として年単位で経過した後に、突然注目され広まることがある。

海外でもツイッターのツイートの広まり方には独特のものがあるとして、いくつかの分析がなされているのだけど(PewResearchCenterのは以前紹介したかな)、その広がり方の一部が把握できるのが、今件ツール。広がり方を知りたいツイートのURLを入力するだけで、過去1週間・500RTまでに限るけど、ツイートの広がり方を確認できる。自分の投稿の拡散度合いを知るためにはアカウントの認証をした上で調べたいツイートを選べばよい。


これは最初のツイートの広まり方を精査したもの。一応ぼかしを入れておいたけど、大元の結果ではアカウント自身も確認できる。企業でツイッターを利用している場合は、これの有料版などで詳しい精査を繰り返すこと(加えて時間帯毎の傾向分析とか、ツイートのスタイルによる違いの確認とかね)で、より有効な使い方ができるのだろうね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月 9日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「混雑するゆりかもめの中で自撮り棒を振り回すのを目撃した件について」です。

次の記事は「「電子書籍の読み方ガイド」的な薄い本が必要なのかも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31