米国もあまり変わらないのかな、的な「投票しなかった人の、その理由」

| コメント(0)


昨年実施された米大統領選挙の選挙人選挙(ややこしい)。当然投票しなかった人もいるのだけど、その理由の調査結果がPew Research Centerに。まぁ、抽出調査なのであくまでも傾向としてレベルではあるのだけど、意外感は否めない。

トップは「どの候補も嫌い」、ついで「自分が投票しても別に世の中変わらないし」、さらに「登録してなかったし」(面倒だったとか忙しかったってのだろうな)。そして「ちょいと用事があったから(something came up)」。なんかそれぞれの理由が多分に関連性がありそうな気がする。要は投票行動の必要性、重要性が、他の行為を上回る事は無く、優先順位が下げられてしまったということ。

見方を変えれば、個々の天秤のかたむき度合いにおいて、投票した方がいいよね、的な環境づくりをしたり、雰囲気を醸成していけば、投票しなかった理由を一つずつつぶしていけるのではないかな、という気がする。これは米大統領選挙だけでなく、どのような選挙でも言えることに違いない。

まぁ、ぶっちゃけると「投票しない」というのも民意の表れではある、とする解釈もできるのだけどね。

            

コメントする

            

最近の記事20件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月 6日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンで いちご尽くしの 新商品」です。

次の記事は「一人暮らしで気を付けることのチェックリスト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31