官製年賀はがきのシャレは「地鶏」「自撮り」だけじゃなかったという衝撃

| コメント(0)


先日気がついてネタにした、2017年用の官製年賀はがきの絵柄のシャレネタ「地鶏」と「自撮り」をかけているという話。気が付いて「最近の日本郵便は色々とやわらかくなっているなあ」と思ったのだけど、当方の考えはまだまだ甘かった。いや、「ジドリ」を見つけて安心してしまった、油断してしまったんだろう。

指摘の通り他にも、下の部分の絵柄は「悟り」と「さ鳥」、お年玉番号の部分が「千鳥足」でやはり「トリ」をかけている。鳥尽くしでネタを大展開しているとの指摘に、ああこれはかなわないなと全面降伏モード。

ぶっちゃけるとオヤジギャグ、ダジャレと紙一重という感はあるけど、気が付いた時のなるほど感とほほえましいネタの切り口は、正直悪くない、むしろ良い。公的な発行物でこのレベルのネタ振りは好ましいぐらい。正月からちょっとした笑いを提供してくれているようで、来年分のネタにも早くも期待してしまう......というとプレッシャーになるのかも(笑)。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月 2日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ATMの振込上限額をゼロ円にするという振り込め詐欺対策」です。

次の記事は「米成人の26%は過去一年間に紙もデジタルもあわせ、一冊も書籍を読んでいない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31