米国のサンタクロースの銀行強盗、だけど......

| コメント(0)
米テネシー州メンフィスの銀行で24日までに、サンタクロース姿の男が店内に居合わせた客ら全員にキャンディーを配り、「メリークリスマス」と声を掛けた後、窓口の女性行員に近付き、金を奪って逃走する事件があった。


行員には現金を要求するメモ用紙を手渡していたが、武器を携帯していたのかは不明。差し出された現金を手でつかみ、銀行近くの路上を逃走したという。


先日CNN経由で伝えられた、サンタの姿をした銀行強盗の話。最初はキャンディを配っていて、その後にメモを行員に見せて金を奪ったとあるけど、動画を観ても切羽詰まった様子は無いし、行員が追いかけなかったってのも変な話だし、第一武器を出して脅している様子も見られない。なんだかちょっと、かなりおかしな雰囲気。

で、CNNというからには原文があるから、それを探したところ、元記事は【Ho-ho-holdup: Santa hands out candy canes at a bank - and robs it】。日本語の記事に誤訳の類はなく、やはり武器で脅したなどとの表現は無い......のだけど、記事がどうも叙事詩的表記で、普通の報道記事とは別物。

まぁ、色々な意味で「ニュース」として伝えるべきものではないのかもしれないなあ、という感は強いので、色々な可能性を併記した上で、覚書として。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月26日 07:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「余力」や「無駄」は保険であり自由裁量や冗長性のリソースでもあった」です。

次の記事は「ケーキはクリスマスの夜に楽しもう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30