「カステラのきれはし」を自称する商品は実在する。しかもコピーが秀逸

| コメント(0)


カステラにしてもパンにしても、元々大きな形で作り上げた食品を切り分けて商品としてパッケージする際に、端っこの部分は余ってしまう。その部分をまとめて販売することは、工場や販売店ベースでよくあったりする。パンの耳とか好例だよね。

で、今件はカステラの端っこの部分を集めたもの。ただ、単にあまりものとか商品規格外のものとしてというのではなく、「切り分ける際に、わずかしかとれない希少品です」と逆に価値を見出させているのがポイント。一頭の牛からわずか数切れしか取れない希少部位です、的な高級感をかもしている。

この発想の切り替え的コピーは賛美に値する。確かにあの端っこの部分に価値を見出してる人には、希少品に違いないからね。パンの耳だって好きな人もいるでしょ?


実のところカステラの切れ端の詰め合わせってのは結構な種類数が出回っている。パンの耳は単価が安いので正規にパッケージ化されていることは無いけど、割れせんべいの類はしばしば見かけることがある。また、せんべいの工場などに行くと安価で山ほど購入できる機会も得られる。

......ただねえ。カステラの切れ端にしても割れせんべいにしても、お買い得度が高いので、逆に危険なんだよね。つい食べ好きでしまうんだな、これが(汗)。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月25日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「人気を推し量る物差しとしてのリアルタイム視聴率と、出版業界の「本屋で直に発売日前に予約」と」です。

次の記事は「10年近くでどう変わったか...雑誌の部門別出版点数の動向」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31