「掃除をするとかえって物品のあり場所が分からなくなる」ってよくあるよね

| コメント(0)
これは思いっきり自爆ネタではあるのだけど。先日年賀状の作業をした際のお話。パソコンの入れ替えをした際に、データ転送を間違ったらしく、年賀状ソフトそのものは動くのだけど、データが1年分丸ごと前のになって、直前の値が反映されていなかった。仕方が無いので昨年受領した年賀状を元に差分を修正入力しようかな......と思って気が付いた。ここ数年分の年賀状(物理)が全部消えている。 5年以上前のは古い葉書入れにまとめてあったのだけど、それより新しいものは年毎に袋詰めしていたのを、先に掃除した時にどこかにまとめて、その場所が分からなくなってしまった。捨てたことは無いはずなので、存在しているのには違いないのだけど。掃除をする前に置いてあった場所はよく覚えているのに......。
仕方が無いので年末の大掃除の前に、一度掃除した場所の再掃除のスケジュールを組み込むことになった。毎週大掃除的なものをしているような気がするけど、これも仕方が無い。
で、こんな話もよくあるんだよね。以前探して見つからなかったものが発掘される一方で、ほしいものは見つからないってことが。まぁ、生存者バイアスみたいなもので、その類のパターンに遭遇したのをよく覚えているから、そういうことばかりだとの認識になってしまうのだろうけど。
関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月24日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「子供の視力が過去最悪」との報道で」です。

次の記事は「安全運転の心構えを確かなものにするために必要な「趣味の悪いパンツ」とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31