吉野家の牛鍋膳で勝ち負けが出てきたみたい...「北海道豚味噌鍋膳」が販売地域拡大

| コメント(0)
北関東以北で販売しております「北海道豚味噌鍋膳」については、12月18日(日)より関東、九州へ販売地域を拡大いたします。同時に、新ご当地鍋として「関西うま塩牛鍋膳」を12月24日(土)より販売いたします

11月から発売を開始している、吉野家冬の定番となった鍋膳の最新版。今年は地域別にご当地鍋も併売しているのだけど、早くも動きがあった。北海道系の「北海道豚味噌鍋膳」が好調のようで、関東や九州でも販売地域を拡大するとのこと。ただしそれぞれの地域で発売されているご当地鍋「横浜デミ牛鍋膳」「博多とんこつ鍋膳」は終売。......ということは、やはりこれらの鍋は今一つだったのだろうな。

ご当地鍋を他地域で食べられるのは良い事だけど、現実の厳しさを同時に知る結果となって、ちょっと複雑な気分。デミ牛、悪くないと思うのだけど、ファストフードで食べるタイプではなく、ファミレス系な感じがする。

また、関西で新発される「関西うま塩牛鍋膳」は、「なごや鶏味噌鍋膳」「なにわ牛カレー鍋膳」「博多とんこつ鍋膳」からの差し替え。えーと、これはつまり、種類の整理統合という感じになるのかな。あまり色々と手を付けすぎるとかえって各個撃破される感があるので、悪くは無い気がする。

個人的にはローソンなどでよく行われている、人気投票をしてみるのも良いかなという気はするのだけどね。地域別で集計して、本当にご当地で受けているのか否かってもあるといいな。

ともあれ、差し替えは来週から。差し替えられて無くなる予定のご当地鍋が好きな人は今のうちに食べまくっておこう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月14日 06:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「NAVERまとめに無断盗用された側がなぜ労力を浪費しなければいけないのか、そしてYouTube方式で対応すればよいのではとの話」です。

次の記事は「写楽や北斎の絵が判子になるって、おしゃれやん?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31