高齢ドライバーのリスク確認・「30のチェックリスト」とは

| コメント(0)
高齢者による交通事故や犠牲者が増えていることを受け、日本認知症予防学会の浦上克哉理事長が監修した「運転時認知障害早期発見チェックリスト30」による調査が埼玉県内で行われ、80歳以上で「行き先を忘れることがある」が4.1%など大半の項目で加齢とともに数値が上昇していることが12日、同県警のまとめで分かった。浦上理事長は「チェック項目が多い人は認知機能の病的障害を念頭に、専門機関を受診するなどしてほしい」と呼びかけている。

高齢ドライバーはリスクが高い、事故もたびたび起こしている、いやそうじゃない的な話があちこち飛び交っていて、もう数年前に警察庁辺りが「高齢ドライバーのハイリスク問題に関して対応しなきゃならないよね」といった結論を出して動き出しているのに、なぜ時計の針を戻すような論議が出ているのかなあと不思議感を覚える次第ではあるのだけど。

今回の報道では年齢階層別に仕切り分けすると、確実に年上になるにつれてリスク体現化が大きな値を示すようになるとの結果が出たとの話。一次調査資料をぜひ見たいところなのだけど、現時点で埼玉県警でも日本認知症予防学会でも該当する資料はウェブ上に無し。あるいはそう遠くないうちに掲載されるかもしれないけれど......警察庁辺りに掲載されるのかな、それとも。


それはともかくとして。「運転時認知障害早期発見チェックリスト30」なるものは何だろうかと気になったので探したところ、こちらは容易に確認ができた。日本認知症予防学会以外に埼玉県警のサイトにも掲載されている。

個人差はあれど加齢と共に心身の衰えは必ず生じるし、それによって運転上のリスクが底上げされるのは否定のしようがない。それこそ一定年齢以上は年ベースで、資格を所有できる能力を有しているか、免許更新の試験・手続きを厳密に行うとした方が良い気がする。自己判断テストだけではなく。他人のためにだけではなく、当人自身のためにも。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月13日 07:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「黄金色のお菓子ならぬ入浴剤は実在した」です。

次の記事は「NAVERまとめに無断盗用された側がなぜ労力を浪費しなければいけないのか、そしてYouTube方式で対応すればよいのではとの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31