レゴでダイハツ・ミゼットIIの設計図が完成しました

| コメント(0)


先日【ホンダのバモスという車がなんだかカワイイ】でホンダのバモスなる車両の存在を知り、その愛らしさにぜひともレゴで再現を......と思ったのだけど、スケール的に考えるとどうしても6ブロック幅になる。これはちょっと大がかりなものになってしまいかねないので、まずはバモスを検索している時に見かけた、形がちょっと似ていて可愛らしさでは上をいくかもしれない、ダイハツのミゼットIIを作ってみようじゃないかということに。

元々車に関してはさほど詳しくないのだけど(つい先日までキューブの存在そのものを知らなかったぐらい。「四角い車が増えてるな」ぐらいの認識だった)、資料を色々と探り、ミニサイズの車だから幅は4ブロックでいいだろうし車輪も小さなもので良いし......と甘く見ていたのだけど。

車体前面の傾斜の部分と予備タイヤの貼り付け部分の再現が予想以上に手間取ってやたらと時間がかかってしまった。一応完成はしたけど、運転席部分がスケール的にちょいと長めになってしまったかなという気はする。まぁ、イメージ的にマッチすればそれでよし。


ミゼットIIの特徴である後部の荷台部分のちまっとした感じはほどよく出せた気がする。色は本当は緑系統が良かったのだけど、緑のパーツが無い部分もあるし、コストが跳ね上がるので、一番汎用的な赤で統一。この辺りはホント、レゴ本社によるパーツ通販が日本でもサポートされて欲しいと思うばかり。


先に創生した軽トラックのエ、じゃなくてドワーフと比較。元々横幅が2ブロック分小さいのも一因だけど、ミニミニトラックという雰囲気は良く出せている、はず。

明日以降にパーツを調達して、今月中には実物を完成させたいね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年11月20日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンのリッチでゴージャスなアイスたち」です。

次の記事は「PASH!が「ユーリ!!!」で1万部重版との話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31