ダイハツ・ミゼット2の郵便局仕様は実在した

| コメント(0)


先日設計図が完成して現在パーツを取り寄せ中の、レゴ版のダイハツ・ミゼット2。パーツの取り寄せの難易度の問題から赤色にしたのだけど、それつながりでちょいと調べた郵便局版。後方の荷台部分がボックス様式になっているなどいくつかの違いはあるけど、これは容易に改造できそう。次はこれにチャレンジか......

......と思ったのだけど、どうも資料が少なくて頭を抱える次第。そもそも実物は存在したのかとか(これは実車両の写真が数枚出てきたので、実在したこと自体は確認できたけど)、荷台の部分の造形はどういう仕組みになっているのかとか。


で、その中で見つけたのがこの記事。どうやら鎌倉に、郵便局仕様の車両が現存するらしい。ナンバープレートが黄色なので、もしかすると個人所有的な広報車両のような存在なのかもしれないけど(黒地に黄色は軽自動車の営業車、黄色地に黒文字は自家用車)。


さらにその記事を元に色々と探していたら、ついに見つけた、グーグルマップ。葛飾鎌倉郵便局の前に、郵便局車両として停車中。やはり黄色ナンバーなので、個人的な宣伝カーっぽいけど。これが存在するのなら、動画もあるはずだと思って探したけど、現在のところ見つからず。横や後ろからの様子も確認したいのだけどね。

まぁ、モチベーションが高まったことに違いは無い。また、電気自動車化して再販売とかするといいのかもしれないなあとも思ったりする。なんだかカッコいいし。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年11月23日 07:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ワインを買うようにお米が買える時代」です。

次の記事は「「言われたことしかできない」と「自分でどのように判断しても怒られる恐怖」と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31