小学二年生の休刊が公式に発表、残るは小学一年生のみ

| コメント(0)
小学館が刊行する「小学二年生」が、部数の低迷などから12月発売の2017年2・3月合併号で休刊することがわかった。「小学三年生」から「小学六年生」まではすでに休刊しており、かつて同社の看板雑誌だった学年誌は「小学一年生」を残すのみとなる。

お昼過ぎの配信ネタでその時にはまだ公式見解もなければソーシャルメディアの関連アカウントからも告知は無し。一応Facebookも当たってみたけれど動きは無く、さすがにこの類の話で誤報は無いだろうけど、公式報待ちかなと思っていたら......


夕方ぐらいに公式リリースが小学館から出されて、確定事項となってしまった。小学二年生は公称ではなく印刷証明部数で7万部強をはじき出しているので、まだある程度余力はあったはずだけど、春先の号で謎の合併号を展開したこともあり、怪しげな動きは見せていただけに、ああやっぱりか、という感も否めない。

これで小学●年生シリーズは小学一年生を残すのみとなってしまった。四半期ごとの印刷証明に関する記事のグラフが、さらにさみしくなるなあ、という悲しみを覚えざるを得ない。

来春には増刊、だから不定期刊になるのかな、として、小学生向けの新ジャンル雑誌の展開云々とあるけれど、ガクマンプラスの例もあるので、あまり期待はできない。一方で、小学生向けの学習誌が無いと嘆く声も多々耳にする。需要はそれなりにあるのに、それに応えられない状態は、いったいどのような解釈をすればよいのだろう。難しい話ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年10月 5日 06:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ホネに限らず使えそうなおでん屋台セット」です。

次の記事は「シニア向けの新雑誌「散財」という発想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31