レゴで大型ベビーカーができました

| コメント(0)


随分と前から発想はあったのだけど、色々とイレギュラーな事案が重なり、さらにパーツの発注ミスまでしでかして、制作が伸びてしまった、保育所などでよく見かける、多人数の子供を一度に運ぶベビーカーがようやくレゴで完成した。色は赤とか緑の方が良いかなと思ったのだけど、レゴの原色はかなりケバイので、まずは大人しいタンの色で。お花の飾りが目立つので、かえってこの色の方がいいのかも。

このタイプのベビーカーって、ホント、こんな感じだよね。本体中央部に大きな車輪がついているパターンもあるけれど。同時に一人乗り用の普通のベビーカーも合わせて作ったのだけど、そちらは写真を撮り忘れ。これは情景写真として撮影する時にでも。


で、このベビーカー、実はちょっとインチキがしてある。造型の際に内部の底が浅くなってしまい、子供のフィギュアをそのまま乗せるととこんなかたちになり、少々不安定な見た目になる。歴史映像などで見かけるお立ち台みたいな。押し出している保育所の人との高さも不自然。なので、一枚目の写真では、子供達の足の部分は全部取ってある。

まぁ、写真を撮る際には足の部分まで見えないから、これで良し、と。実際の大型ベビーカーは本体がしまってある場所ならともかく、子供を乗せて走っているところを撮るわけにはいかないので、これは欲しかったんだよね(シニアカーと同じ理由)。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月19日 07:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ソーシャルメディアの伸張と「正体見たり新聞記者」」です。

次の記事は「ツイッターの文字数制限から画像や引用などが対象外に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31